Friend of our site


MMA Headlines


UFC HP


Bleacher Report


MMA Fighting


MMA Torch


MMA Weekly


Sherdog (News)


Sherdog (Articles)


Liver Kick


MMA Junkie


MMA Mania


Bloody Elbow


MMA Ratings


Rating Fights


Yahoo MMA Blog


Search this site



Latest Articles


News Corner


MMA Rising


Audio Corner


Oddscast


MMA Dude Bro


Sherdog Radio


Eddie Goldman


Liver Kick Radio


Video Corner


Fight Hub


Special thanks to...

Link Rolodex

Site Index


To access our list of posting topics and archives, click here.

Friend of our site


Buy and sell MMA photos at MMA Prints

Site feedback


Fox Sports: "Zach Arnold's Fight Opinion site is one of the best spots on the Web for thought-provoking MMA pieces."

Tetsuya Sano

So I go to PRIDE arena…

Friday, June 16th, 2006

By Tetsuya Sano ここにPRIDE無差別級GP二回戦のチケットがある。 7月1日、僕は友人達と共にさいたまスーパーアリーナに足を運ぶ。 There is a ticket of PRIDE open weight GP 2nd round. On July 1st, I will go to Saitama Super Arena with friends. フジテレビがPRIDEと縁を切ったのは僕達ファンに凄まじいショックを与えた。 いや、ファンだけではなく格闘技に それほど関心のない人々にまでそのショックは広がった。 フジテレビ以外の地上波局の夕方のニュース、yahoo、livedoorなどのトップを飾り まさにプロレス格闘技界にとって未曾有の一大事件と言えるだろう。 PRIDE-FujiTV affair gave us, Japanese fans, a huge shock. And this is a huge impact for general public too. TV networks (without […]

Royce Gracie for Japanese new MMA fan

Monday, May 29th, 2006

By Tetsuya Sano 今更僕が言うまでもなくホイス・グレイシーはマット・ヒューズに敗れた。 完敗、文字通りの完敗。 伝説は現実に全くといっていいほど敵わなかった。 Royce Gracie lost to Matt Hughes, and that was a totally complete defeat. The legend was no match for reality. ブロック・レズナーに血を吐かされたハルク・ホーガンのように敗れたホイスは力無かった。 Like Hulk Hogan spitting blood by Brock Lesnar. だからと言って柔術、そして総合格闘技のパイオニアであるホイスの功績はホーガンのそれ同様全く色あせることはない。 The distinguished service of Royce as the pioneer of kakutougi (MMA) and jiu-jitsu does not fade (similar to Hogan […]

Hero on the HERO’s ring

Wednesday, May 3rd, 2006

By Tetsuya Sano という訳で高田道場を退団したPRIDEのシンボル桜庭和志さん。 彼に非常によく似たタイガーマスクが前田日明さんによって HEROSのリングに招き入れられました。 PRIDE’symbol Kazushi Sakuraba-san left Takada dojo. Tonight, Akira Maeda introduced us a mask man “Tiger Mask”=Kazushi Sakuraba. Hero was on the HEROs ring. そして、リングでは彼のインタビュー、マイクパフォーマンスが行われましたが HEROS出場の明言は最後までありませんでした。 And there were his interview by TBS anouncer and the mask man’mike performance. But he didn’t say “I’ll fight here” clearly.

Onita is back in puroresu

Tuesday, March 28th, 2006

By Tetsuya Sano “邪道”大仁田がプロレス界に一日限りの復帰。 “Jadoh” Onita is back to puroresu for only one day. ソースはスポーツナビより This story source is here by Sportsnavi 参議院議員の大仁田厚が後楽園に来場し、中村代表、大谷とともに会見を行った。  大仁田は「国のために死んでいった方々に礼を尽くす、記念すべき大会。もし良かったら参加させてほしい」と4月1日の靖国神社大会への参加を中村代表らに直訴。中村代表は「大仁田さんの提供試合として、後輩の田中将斗とタッグを組んでいただきます」と、早速試合カードを提案し、大谷も「よろしくお願いします」と大仁田の申し出に快く応じた。  すでに現役を引退している大仁田だが、「政治家としては微妙なところだけど」と参議院議員として政治的な配慮に気を配りながらも、「奉納相撲があって、奉納プロレスはないのはおかしい」とヤル気満々。当日はFMW出身の田中とともにランジェリー武藤とトリオを組むことになった。対戦相手は当日発表される。

Bear Pit Japan in America

Thursday, March 9th, 2006

[photopress:sano_and_josh_small.jpg,full,centered] Wednesday night was a very interesting night. Mr. Tetsuya Sano, who is an amateur Shoot Boxer (with a very good record), made the trip from Japan to Seattle to train at AMC Pankration. Mr. Sano is a representative of the Bear Pit Japan team, and I made sure that he took the opportunity to […]

Fujinami the Dragon with wrath

Friday, February 3rd, 2006

By Tetsuya Sano inspired by Multiple Romantic (Japanese) ブラックキャットさんの通夜にて悲しみに暮れる藤波辰璽新日本プロレス執行役員は以下のような発言をしている。(2月1日東京スポーツより) Corporate officer of New Japan, Fujinami’s following remarks at Black Cat’s wake grow dark (Tokyo Sports, February 1st) 「今日は勘弁して。しゃべれる状態じゃない。久しぶりに泣いた。人目もはばからず…」と悲しみをこらえたが、すぐに涙が頬をつたった。  契約更改で、キャットさんは興行部への異動が決まっていた。だが、悩み抜いた末の決断だったことを、藤波は知っている。(中略)それでもキャットさんは文句一つ言うことなく、興行部としての再出発を準備していた。亡くなる前日には「当日、遅れたらみんなに迷惑がかかるから」とリングトラックが置いてある調布の車庫にわざわざ、下見に訪れていた。 「新日本の大変さ、選手の思いを背負って、ネコちゃんが逝っちゃったのかな。むごい。無念でならない。(棺の中の表情は)穏やかだったね。彼も(契約更改で)かなりきつい条件を突きつけられた。でも不満を漏らすこともなかった。最後に奥さんに言った言葉が『みんなを恨まないで』『会社のことを悪く言わないで』だよ。今の会社のバカどもに言ってやりたい」 “Pardon me today. It is hard to talk. I cried for a long time. I do not hesitate in public.” Tears went along at once […]

Why have gaijin wrestlers been heels in Japan? Sano’s Japanese Wrestling Column

Wednesday, January 18th, 2006

By Mr. Tetsuya Sano Swimming Eye タイトルの問いをZachさんにされましたのでそれについての自分なりの回答を書きたいと思います。UFCの話題も一段落しましたしこういうのもいいかな?と。 The question (the title) of this post was made by Mr. Zach and I want to write my own answer for it. Did the topic of UFC complete it’s stage? まずこの問いに答えるには日本のプロレスの歴史を振り返らなくてはならない。 First of all, it is necessary to look back at the history of pro-wrestling in Japan to […]

Shinsuke Nakamura wants to fight with Fedor&Mirko

Saturday, January 14th, 2006

Firstly please check this article(daily sports/Japanese) this is written about Tanahashi&Nakamura’event. And my title is Nakamura’answer against fan’question “who do you want to fight with?” Tanahashi’answer”Akiyama,Rikioh,Marufuji again” Nakamura”Both of Fedor&Mirko” Nakamura said”This year, I will be back MMA’ring again” PRIDE has a few Japanese heavy weight fighters. So…Nakamura will be in PRIDE heavy weight GP […]

Why Hiroko?Column about HUSTLE

Friday, January 13th, 2006

Firstly I don’t know whether you as readers are interested in HUSTLE or not. *laugh* And please use yahoo or excite to translate my column. Sorry about writing in Japanese text. (Rough translation by Zach Arnold). と言う訳で本題へ。 About the subject said in translation. ハッスルはゆっくりと、でも確実に流れています。 Hustle flows slowly, but surely. はじめはかつて全日本プロレスとK1が企画したWRESTLE-1と大差がないイベントでした。「格闘家をプロレスのリングに上げ、海外の大物(like Goldberg)を日本のリングに上げる単発的なイベント」これが当初のハッスルの形だったと僕は思います。 The start of WRESTLE-1 […]

I think why did PRIDE beat K-1

Sunday, January 1st, 2006

this is news source(Japanese) PRIDE:15.3%  K-1:14.8% と言う訳で男祭り(8時~)は15.3%、Dynamite!は14.8%と僅差で男祭りが勝利!! 正直この結果は意外でしたね。 Otoko Matsuri won by a little difference! Honestly, this result was unexpected. 番組としてのまとまりはDynamite!!の方が上って書きましたし実際視聴率ではDynamite!!が上回るだろうと思っていました。(I thought Dynamite is better than PRIDE as Tv show,not as fight event so,I thought K-1 beated PRIDE in Tv rating war…) と言うのが須藤×KIDがやっていた時間にはすでに男祭りは時間を持て余して再放送に入っていましたし (Fuji tv broadcasted replay when TBS broadcasted Sudo-san vs KID-san) この時間帯でDynamite!!が大きくリードするんじゃないかなと。 ただ、それ以上に曙×ボビーのグダグダ感が響いてしまったようですね。 […]

viewing of pride otoko matsuri&dynamite from a Japanese fan

Saturday, December 31st, 2005

Hello(= Konnichiwa) everyone reading it I’m Tetsuya Sano:I’m a pro-wrestling&kakutougi(=martial arts) fan and amateur fighter(9matches 6wins 3loses:kickboxing and shootboxing) living in Shizuoka, Japan I’ll write down opinion of two new year’eve events in Japanese If you are ok,please use translator and read it. 個人的に入り込んで見ていたのは Dynamite!の須藤×KIDと五味×マッハでしょうか。 前者は須藤さん贔屓、後者はマッハ贔屓で……って二人とも負けちゃいましたね…… 須藤さん惜しかったと思うんですけどね……。 距離を大きくとって変則な動きからミドルキック打って離脱 んで、KIDさんがじれてミドルキック出すのを待って 戻しが結構遅いので引き際にタックルに入るって戦法かな? って考えてたのでその通りだったらかなりいい具合にことは運んでたんですけどね… 上にも意識を散らすための左パンチにカウンター合わされちゃいましたからね…。 でもとめるのちょっとだけ早すぎない?と。 後者の試合はスタンドに重点が置かれると思ったら マッハさんの首投げを五味さんが上手く崩して(あと場所もロープ際だったから) […]