Friend of our site


MMA Headlines


UFC HP


Bleacher Report


MMA Fighting


MMA Torch


MMA Weekly


Sherdog (News)


Sherdog (Articles)


Liver Kick


MMA Mania


Bloody Elbow


MMA Ratings


Rating Fights


Yahoo MMA Blog


Search this site



Latest Articles


News Corner


MMA Rising


Audio Corner


Oddscast


MMA Dude Bro


Sherdog Radio


Eddie Goldman


Liver Kick Radio


Video Corner


Fight Hub


Special thanks to...

Link Rolodex

Site Index


To access our list of posting topics and archives, click here.

Friend of our site


Buy and sell MMA photos at MMA Prints

Site feedback


Fox Sports: "Zach Arnold's Fight Opinion site is one of the best spots on the Web for thought-provoking MMA pieces."

« | Home | »

Royce Gracie for Japanese new MMA fan

By T2y-Sano | May 29, 2006

Print Friendly and PDF

By Tetsuya Sano

今更僕が言うまでもなくホイス・グレイシーはマット・ヒューズに敗れた。 完敗、文字通りの完敗。 伝説は現実に全くといっていいほど敵わなかった。

Royce Gracie lost to Matt Hughes, and that was a totally complete defeat. The legend was no match for reality.

ブロック・レズナーに血を吐かされたハルク・ホーガンのように敗れたホイスは力無かった。

Like Hulk Hogan spitting blood by Brock Lesnar.

だからと言って柔術、そして総合格闘技のパイオニアであるホイスの功績はホーガンのそれ同様全く色あせることはない。

The distinguished service of Royce as the pioneer of kakutougi (MMA) and jiu-jitsu does not fade (similar to Hogan in wrestling).

しかし、90年代初頭のUFCでの活躍をリアルタイムで体験していない僕のような比較的新しい世代の日本人総合格闘技ファンにとって“伝説”ホイス・グレイシーを初体験したのはPRIDEGP2000での高田延彦戦。

In the 90s the legend of Royce in real time in UFC is similar to what Japanese kakutougi (MMA) fans experienced with Nobuhiko Takada.

当時の僕は寝技がよく分からなかったが総合格闘技の練習を始めて少しはそれも分かるようになった。しかし、あの試合に対する意見は全く変わらない。

『つまらない』, この一言に尽きる。

“boring,” that’s all.

伝説となった桜庭戦でもホイスは90分間一方的に打ちのめされ桜庭の引き立て役の“ズル賢いグレイシー一族最強の男”これが僕達に与えられたホイス・グレイシーの印象。

An impression of Royce Gracie is that Royce was knocked down by Sakuraba who became a legend for the 90-minute fight.

このホイスvs桜庭以前から新しいファンにとってグレイシーはヒールだった。

When Royce vs. Sakuraba happened, the Gracies were the heels.

ホイラー・グレイシーは桜庭戦で完璧なチキンウィングアームロックに取られた上でのレフェリーストップ負けの結果に徹底的に抗議したしホイス・グレイシーはPRIDEトーナメントルールに不服を申し立て桜庭戦を判定なしの無制限ラウンド戦とした。

This started after Royler Gracie wouldn’t give up on the arm-lock Sakuraba applied and the referee stopped the match. Also, Royce wanted his own special rules instead of PRIDE tournament rules (such as the unlimited rounds versus Sakuraba).

(それもあって桜庭はボブチャンチンからジャーマンスープレックスを二度も食らうことになる)

Sakuraba got the German Suplex by Vovchanchyn twice.

正直、当時の“新しい日本人ファン”にとってのヘンゾ以外のグレイシー一族の心象は最悪だった。 いや、ひょっとすると今でもかなり悪いものかもしれない。

Newer Japanese MMA fans thought the worst of the Gracie family. Except for Renzo, the image of the Gracie family was heels.

ホイスは間違いなく伝説の格闘家だ。伝説は色あせないが現在進行形の現実はそれを塗り替える。そして僕=新しいファンはそれを歓迎してしまう。
またイマの現実はいつしか伝説となり未来の現実に同じように塗り替えられる。 そうしてプロ格闘技の世界は続いていく、僕はそれを望んでやまない。

Royce is certainly a legendary martial artist, and his legend does not fade. However, the reality of the present situation establishes a new standard. I welcome it.

ついでに付け加えるなら僕はホイラーのサブミッションレスリングの解説書を参考にしアーネスト・ホースト同様自分のブログでは勝手に“師匠”と呼び尊敬しているw

I refer to the commentary book of submission wrestling of Royler (Gracie) and also “a master” like Ernesto Hoost.

bestであることと同様に1stであることも重要なんだろうね

Is it important that 1st means you are the best?

Topics: All Topics, Japan, MMA, PRIDE, Tetsuya Sano, UFC | No Comments » | Permalink | Trackback |

Comments

*
To prove you're a person (not a spam script), type the security word shown in the picture.
Anti-spam image